So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「『発酵』の表現者」

 私どものお客様に和僑(わきょう)商店さんがいらっしゃいます。

 元々は東京・銀座を拠点に、「銀座十石」というブランドで、高級おにぎりやロケ弁のデリバリー事業を展開されている会社ですが、こちらが数年前、新潟市の上古町通(かみふるまちどおり)商店街に「古町糀製造所」という素敵なお店を起ち上げられました。

 仕事柄、お米については造詣の深かった葉葺(はぶき)社長さんが、麹に出会い、そして魅せられ、「麹のことを勉強したいので」と当社を訪ねて来られて以来のご縁です。

 余談ながら、この葉葺社長さんは、かつてはお酒が殆ど飲めない方でしたが、私の手ほどきが功を奏して(?)か、今ではなかなかの酒豪に。

 私のことを「お酒の先生」と呼んで下さり、かつてNHK新潟放送局のラジオ番組「朝の随想」で「私には日本酒の先生が居ます」と紹介して下さったときは、面映ゆい想いをしたのを思い出します。

 さて、この古町糀製造所。

 去る2月1日、スイーツの激戦区と言われる東京・自由が丘に2号店をオープンしました。そこに至るまでのご苦労をお聞きしていただけに、開店にこぎつけられたのを本当に嬉しく思いました。

 先日、東京出張の折に少し足を延ばして、自由が丘のお店を覗いてきました。

古町糀自由が丘.JPG

 新潟のお店にはなかった「みそ入りベーグル」なんかもあり、古町本店の世界観を維持しつつも、自由が丘という土地に上手く合わせたお店の雰囲気を醸し出しておいででした。

 驚いたのはその集客力。お店の外で味噌入りベーグルを頬張っている間に、人が入るわ入るわ・・・。

 古町糀製造所が、自由が丘の方々にも受け入れられたのを見て、心が温かくなった瞬間でした。

 こちらの取り組みや提示されている世界観は、衰退が叫ばれて久しい発酵食品業界に大きなヒントを与えてくれているように思えてなりません。

 2月21日には、銀座松屋に3号店もオープンしました。是非皆さま、一度足をお運びください。

技術営業部 成田 護

五郎八の「樽詰め」

新潟県にあります菊水酒造さんが冬季限定で販売する活性にごり酒「五郎八」という商品があります。
非常に根強いファンが付いている商品で毎年発売を待ちわびている方も多いと思います。
先日、新潟伊勢丹の酒コーナーによったら大きな樽が置いてありました。
何かと思えば五郎八が入った樽で販売員の方が柄杓ですくって試飲させていました。
私も試飲したところいつもより柔らかい呑み口でした。
試飲したあとはもちろん商品の販売となるわけですがいつもと違うビンとラベルの五郎八が並んでおり販売員の方の話を聞いてみると新潟伊勢丹で樽からビンに詰めて
販売しているとのことです。
ラベルを見ると「詰め口所:新潟伊勢丹」「販売所:新潟伊勢丹」と書いてありました。
試飲とビジュアルの効果もあり、飛ぶように売れていました。
10数年前に計り売りが流行った時がありましたが計り売りブームが再来したら楽しそうですね。
美味しい日本酒を造るだけではなくつい手に取りたくなるようなビンやラベル、販売方法なども今後重要になってくるのだと思いました。

技術営業部 吉田

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。